日本NP学会からのお知らせ

2021年12月09日

各位

日本NP学会は、診療看護師(NP)の実践・教育・研究活動を通して、
人々の生活と健康に寄与することを目的として2015年6月に設立されましたことは、
ご高承のことと存じます。

診療看護師(NP)は、医師、薬剤師等の多職種と連携・協働を図りながら,
一定レベルの診療を自律的に遂行します。その中で、患者様の抱える症状を
効果的、効率的、そしてタイムリーに管理(症状マネジメント)し、
QOL(生活の質)の向上を図ることを役割としております。

医療施設や在宅など様々な療養の場所で、患者様の個別性を尊重し、適切に
症状マネジメントを行うことにより、疾病の予防や重症化を防ぐことが可能となります。
その結果、実際に患者のQOLの向上を図ることができていることが着実に評価されており、
今後一層その役割が期待されております。
 
2021年12月9日

日本NP学会
理事長  福永ヒトミ