日本NP学会 第3回関東ブロック診療看護師(NP)研究会のお知らせ 

2019年07月28日

テーマ <プログラム>
1.シンポジウム:チーム医療で活躍する診療看護師を考える
〜パッケージ化された特定行為領域の視点から〜」
2.教育公演;診療看護師(NP)が知っておくべき感染症
〜来たるべき東京オリンピック・パラリンピックに向けて〜
演者 矢野晴美先生 国際医療福祉大学 医学教育統括センター教授 
3.関東ブロック総会
日時 2019年8月10日(土)13:00〜17:00(12:30〜受付開始)
場所 国際医療福祉大学赤坂キャンパス(E302,303教室)
交通アクセス 銀座線・丸ノ内線「赤坂見附駅」A出口より徒歩3分
有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町駅」A出口より徒歩3分
千代田線「赤坂駅」徒歩8分
銀座線・南北線「溜池山王駅」徒歩12分
交通アクセスURL https://akasaka.iuhw.ac.jp/about/access/index.html
会費 2000円
申し込み先 事前申し込みはなく当日受付になります。
 今回の関東ブロック研究会は、初の試みとなる県代表の方々とディスカションと通して完成させた研究会になります。現在のトピックスでもある特定行為研修制度のパッケージ化に沿った領域で活躍する3名の診療看護師(NP)とその活躍している指導する立場の先生方2名をシンポジストにお招きし、協働した時に発動させる診療看護師の特殊性と今後の課題についてご講演して頂きます。また教育講演からは感染症のスペシャリストでもある国際医療福祉大学の矢野教授より、来年の東京オリンピック・パラリンピックに起こる多くの海外渡航者に対して、病院、診療所、在宅等への活動のヒントを頂き、これからの私たちに役立つ場を提供していただく良い機会と考えております。
ブロック総会では、関東ブロックの組織化を考慮したグルーピングをする機会を設けました。この機会に診療看護師同士の横の繋がりを構築させる場の提供を考えました。今後、NPの人数の増加に伴い質の担保をはかるためにも情報交換や共有を図り、安全に遵守しながら活動の場を拡大していくことが必要と考えます。
診療看護師の方々だけでなく、診療看護師に興味のあるナースやドクター、コメディカル、教員や学生さんなど是非ご参加ください。また今回は企業展示も設けてありますので是非お立ち寄りください。

※ママさんにも優しい授乳室(ミルクも作れる熱湯)も完備しております。是非ご参加ください。